再生不良性貧血と闘う奇跡のトイプードル はーくんを応援するブログ
ちょっと頑張ってみた
2008年10月19日 (日) | 編集 |
肉球バナー作ってみました

供血について再度UPしますので、こちらをリンクしていただけると助かります!
ご協力いただける方は、どうぞよろしくお願いいたします。
相互リンクにしたいので、コメントください。
お手数お掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

ブログバナー

リンク先URL
http://amilove8amiheart.blog87.fc2.com/blog-date-20081019.html

肉球はーくんのこと

トイプードル 7歳 男の子(未去勢)
再生不良性貧血+溶血性貧血にて骨髄お休み中
輸血で貧血が改善しても、血球には寿命があるので徐々に
貧血状態になってしまいます。
採血の結果に応じて輸血を受けなければならない状況です。

肉球供血について

採血は、栃木県宇都宮市内の動物病院で獣医さんが行います。
 ※ご都合のよい時間帯に病院に来ていただく必要があります。
 ※病院にいらっしゃるのに人手が必要な場合は、私どもがお手伝いすることも可能です。
 ※遠方の方はその都度ご相談させていただきたいと思います。

供血に協力いただけるワンちゃん
8歳以下・20kg前後〜の健康なワンちゃん
1年以内に大怪我や、手術歴のないワンちゃん
フィラリア陰性のワンちゃん
で1回ワクチン接種しているワンちゃんが望ましいです

 銑は必須項目です。い榔相談です。

避妊・去勢に関しましては、していても、していなくても、どちらでも大丈夫です。
ヒート中の採血は控えさせていただいております。


肉球供血の様子

まず診察室に入っていただき、体重の測定・問診などを行います。
 (その際、獣医さんへのご質問などもしていただけます。心配なことは何でも聞いてください。)
採血量は、1ワンちゃんあたり約200ccです。
基本的に採血は処置室で行うため、飼い主さんは採血に立ち会えません。
採血は、腕もしくは頸から行います
採血は、検査用血液⇒輸血用血液⇒止血 で行われ30分程度で安全に終了します。
その間飼い主さんは、待合室でお待ちいただきます。

肉球採血後の注意点

2〜3日はシャンプーとドッグランなどの激しい運動は控えていただく必要があります。
まれに立ちくらみがするワンちゃんがいるようですが、
今までご協力いただいたワンちゃんはみんな元気!とのことです。
採血当日は美味しいものを食べさせてあげてください。
それ以外は、普段どおりの生活で大丈夫です。

ご協力いただける方は
メールフォームにて、メッセージをください。
よろしくお願いいたします。